スポンサーリンク

おすすめ!ワインの選び方【表現:ワインを人に例えてみよう編】

お酒の講義
スポンサーリンク

皆様こんにちは!ウメ学長です!!
今日もノミ大へようこそ!楽しくお酒の勉強していきましょう!宜しくお願いします。

さて本日は、前回アップした『ワイン表現』の記事が好評だったので、そこで触れたワインを人に例えてみたら』にフォーカスを当てて、ワイン擬人化のイチ例えお教えします!!感覚で出来ない方向けに、体系立ててお話します!

飲みながら、是非想像してみてください。

スポンサーリンク

【ワインのタイプについて=人の全体像をイメージしてみる】

ワインを人に例える時、ワインのタイプで人の全体的なイメージを表すことが出来ます。
ワインにはいくつか種類がありまして…代表的なものだけ今回はピックアップ!ワインのタイプで大まかな人の姿を想像します。

※あくまで「イメージ」の話です。わかりやすくする為に性別や職業なども書いておりますが他意はございません。

スパークリングワイン


例え人例:爽やか男性 イケメン 気品漂う女性 元気溌剌な子供 スマートなモデル 華やかな芸能人・アイドル 

フレッシュでシャープな酸味、繊細でキメ細やかな泡、グラスから立ち上る芳醇な香り、きれいなゴールド色が、「なんだか華やかな人、フレッシュな人」を想起させます

赤ワイン
例え人例:男性 ワイルドな人 スポーツ女子 ちょい悪オヤジ スポーツ選手 渋めの芸能人 職人さん 政治家 社長

バリエーションの多い赤ワインですが、白よりは濃く・味も香りも強い為、男性っぽさ・強さ・渋さ・芯のある人、こだわりを持つ人のイメージがぴったり。フレッシュな赤は、新人さんなんかも想像できます

白ワイン
例え人例:女性 さわやか青年 明るい性格の人 スポーツ少年少女 女性芸能人 ジャニーズ系 美魔女 インテリ系 青春系

白ワインはその透明さ・爽やかな香り、滑らかな酸味が若さや女性っぽさ、スポーツ選手のような爽やかさを想起させます。口当たりもよいので懐に入りやすい優しい人、若い人なんかもイメージに合います。厚みのあるタイプは、大人な女性っぽいですよね

ロゼワイン・オレンジワイン
例え人例:芸能人(タレント・モデル) スーパーモデル 大人女子 オシャレな人 変わった人 こだわり系 賢い人 あざと可愛い系

白ワインはその透明さ・爽やかな香り、滑らかな酸味が若さや女性っぽさ、スポーツ選手のような爽やかさを想起させます。口当たりもよいので懐に入りやすい優しい人、若い人なんかもイメージに合います。厚みのあるタイプは、大人な女性っぽいですよね


※デザートワイン・酒精強化ワインやフレーヴァードワイン、黄ワインなどもありますが今回は割愛します。リクエストがあればまたの機会に!

スポンサーリンク

【ワインの濃さについて=体型や性格をイメージしてみる】

続いて濃さの話です。主に赤ワインの表現に用いますが、
ライトボディ(軽めの口当たり)・ミディアムボディ(中くらいの口当たり)・フルボディ(重めの口当たり)と3つのタイプがあります。例えば体型や性格で考えてみましょう!

ライトボディスマート・やせ型・細身 賢さ 知的さ

ミディアムボディ…中肉中背 細マッチョ 優しい人 居心地よい人

フルボディ… ゴリマッチョ グラマラス 熱い人 濃い人 温かい人

白ワインは、「酸味の強弱」とかに寄るので、性格の強さとかが合うかもしれませんね。

【ワインの香りについて=場所をイメージしてみる】

これはですねーーーーーー!!!!!無数にあるので難しいですけど「その人がどんな場所や状況にいるか」という「場所」とか「シーン」にフォーカスして考えると面白い!!!

例えば、柑橘の香りが爆発しているような白ワインの場合は、「果樹園でもぎたてオレンジにかぶりついた」とか、青っぽさを感じるようなワインだと「草原に寝そべってる」みたいな。

ワインは、ブドウから作られているにも関わらず、いろんな香りがする不思議な飲み物です。

香りのバリエーションについては、前回のブログにワインタイプ別に載せてあるので合わせて読んでみてください!!!↓↓↓

まとめ

これで、イメージを構成する「全体感」「体型や性格」「場所やシーン」が出来たと思います。

最後に、全部くっつけて「その人がどんな人でどんな場所で何してるか」で表現してみてください。

ここまで来たら、あとはあなたの想像力次第!!!どんな例えだっていいんです。「何かこんな感じじゃない?」「いやいやこういうイメージもあるよね」なんて、楽しく盛り上がることウケアイ

いかがでしたか?

実践あるのみなので、まずは感じるままに口に出してみましょう!!!

きっと共感しあえる部分があるはず!!!

皆様のワインライフがより良きものになりますように!

ではまた明日!!!

タイトルとURLをコピーしました